軒下の箱

やっているネトゲとか、何か書いたものとかをつらつらと。 不定期更新で行く予定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その結果がこれだよ!

日記のネタが切れるんじゃないかとか、そんなこたぁ知らない。


というわけで、軽く思いついた短編の予告編でも上げてみる。

どっちを本格的に書き始めるかは……まだ決めてませんorz





ある世界、あるところに魔王と勇者がいた。
二人は別々の場所で生まれ、育ち、戦った。


「思うんだ、ボク」
「……何を?」
「世界中の女の子が十三歳以下にならないかなって」
「豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまえ」


その二人は今、そんなことを言いながら街道を歩いている。


「自分好みの女の子に囲まれて一生を過ごしてみたいと思わないかい?」
「そりゃ誰男ならだれでも思うだろうよ。だけどその為に世界征服をしようとは思わないだろう……あとそこじゃないんだよお前のアブノーマルなところは」
「これでも僕は魔王だよ? アブノーマルじゃないのは当たり前さ」
「開き直るなよ……このロリコンが」

勇者……ボサボサ赤い髪と、眼鏡の奥に赤い瞳を持ち、腰に刀、背に大剣を背負った彼はため息をついて隣の魔王を見る。
魔王……腰までの長さを誇る黒髪を持ち、その肢体を黒いローブで包んだ彼女は憮然とした顔つきで勇者を見る。

「違うよ。偶々好みのタイプが13歳以下の女の子だったんだよ」
「まずお前は自分の性別を思い出してくれ、頼むから」

力のない反論は二人が旅をはじめて何回目か。
勇者は思い出すのを諦めて、再び溜息を吐いた。

「大体男って暑苦しいし、むさ苦しいし、騒がしいし……その点キミは男の中でもボクのタイプに近いけど」
「……着痩せするタイプだからな」

実際、勇者は大剣を得物としている為に筋肉はしっかりと付いている。
ただし、実用的な筋肉ばかりを鍛え上げたせいか、傍目には細めの少年とみられてしまう。

「やっぱりさ、女の子の方が可愛いし、柔らかいし……」
「……なんだろう、一瞬お前が男だったらある程度まともだったのかなとか考えるんだが」

その言葉に魔王はからからと笑うと、今度はにやりと笑って勇者に指を突きつける。

「ボクと一緒に国王を倒そうだなんて思ってるキミにだけは言われたくないねー」
「倒そうとなんて思っちゃない。ただ、一発殴りたくなっただけさ」



コレは、勇者と魔王が引き起こす馬鹿な祝祭の物語。




---------------------------------------






魔法少女統括組織 ブルーウォーター
現所属数 130名 
内 戦闘可能魔法少女 80名
後述のブラッディデモンズと争っている。

悪魔の種普及組織 デモンズシード
現所属数 不明
犯罪組織であるチェリーシードを壊滅させ、チェリーシードが保持していた強化スーツを用いている。
また、生体寄生型兵器である悪魔の種を自らに埋め込み二重の強化を施している戦闘員が多く確認されている。
目的は、支配のみ。

犯罪組織 チェリーシード(壊滅)
現所属数 0名
強盗、窃盗などといった犯罪を主にしていた犯罪組織。
強化スーツの開発、研究により戦闘力も高い。
ブルーウォーターと敵対していたが、ブラッディデモンズにより壊滅。


Correction point discovery.

A correction start.





The end.

Result.





犯罪組織 チェリーシード

現所属数 1名












「バレンタイン、か。皆浮足立っているな」
「そして聡はいつも通りだな。ちょっとは期待とかしないわけか?」
「しないな。貰ったら返すつもりではあるが、そういうものは期待するものではないだろう?」

当然の事のように言ってのけた少年が空を仰ぐと。
そこには時期遅れの白い結晶が降り注ぎ始めていた。





二月の十四日。
そこから始まる悪役の物語。


------------------------------------------------------



……これ以上増やしてどうすんだろうね、私orz

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

狩咲 佐倉

Author:狩咲 佐倉
ネトゲとかいろいろやってます。

このブログの更新頻度は確実に遅くなる、だろう。




(C)2008 GONZO ROSSO.K.K./HUDSON SOFT All right reserved. 株式会社ゴンゾロッソ及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。





この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。